黒神

普通人として崖っぷちにいる天才的にバカ野郎の奮闘日記。井上麻里奈sへの愛は誰にも負けない・・・気がします

2008/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クロかわぇぇ!!!!!

いきなり何か聞こえたようですが、
気にせず進めます(ぉぃ

これね、ぶっちゃけ見ようと思ったのは、
クロのかわいさなんですよね。

だけど、甘かった。
描写がシリアスすぎる(怖

まず、
主人公の慶太が最初から鬱な顔してる。
ま、これは母親が死んでしまった後っていう始まりだからしょうがないんだけど、
その後に、ある朝慶太が学校に来てるみと、
りなりな演じる、慶太と親しくしていた友達の机に、菊が置いてある。
要は、死んじゃうんです。いきなり。

それで、鬱度MAX。
悲劇はこれだけじゃないんですけどね?(ぁ

ラーメン屋に例の鬱顔で入ると、
例のあの子がラーメンを食べたがる。
おごってあげる。
ありたがる(さっきから主語言えよ

そこで、慶太はクロに「ドッペルライナー」というシステムを知る。
ドッペルゲンガーってのはよく聞きますよねww
「この世界には、同じ容姿をした人間が3人おり、その3人は1人の『ルート』と2人の『サブ』に分けられる。」
慶太の母親、友達が死んだ前に見たのは、「自分に似た人間」だったことから、明らかにこのシステムで死んじゃったじゃない(汗
そんなことあるわけない、とか慶太は思ったり。

すると、クロが屋台の後ろから何者かに襲われる。
うん、いきなり吹っ飛ばされるから見てるこっちは恐ろしくてしょうがない;;

そいつは「元神霊」であるクロを追う「トライバルエンド」たるものなのだと。
「テラ」がどうとか説明がひたすら面倒くさい設定なんです。

後日、相変わらず鬱フェイスの慶太が学校から帰っていると、
同じマンションに住む親しい子・まゆが慶太に話しかけてきた。
「私に似た子を見たんだよ?」と言う(インデックスか
慶太、硬直。
そして、横断歩道の信号が青になり、まゆが小走りに渡ろうとした瞬間。

トラックにど――――――――ん。

血、バッシャーン。

慶太と、画面の前の俺、唖然。
ドッペルライナーの恐怖が慶太の全身に染みる。
その時、「かわいそう。あの子、サブだったんだ。」いつの間にか現れたクロがその言葉だけを残していった。

そして、慶太が家に帰ると、クロの姿が。
クロかわぇぇwww
ねぇ、なんでこんな可愛いの?ねぇ、なんで?(ザブングルか

部屋の前に空腹でぶっ倒れていたところを、
世話しにきた慶太の幼馴染み・茜が助けたらしい。

まあ、現ステータス・鬱の慶太はとぼけたことを言うクロを追い出してしまう。
色々と考えがまとまるような心の状態じゃないからね。
負い目を感じてクロを追いかける。おにぎり付きで。

公園で追いついた。
おにぎりを食いながら会話していると、
一人の男が襲ってきた。
その男は、クロを倒してしまう。
慶太はその非情さに苛立ちを覚え、刃向ってしまう。
すると、

慶太、ズド――――――――――ン。

血、ザッバ――――――――――――ン。

そんな慶太をクロは力を振り絞り救出、
敵から逃げる。
そこで、クロは「契約」をし、止まってしまった慶太の心臓と自分の心臓を入れ替える。
こうすることにより慶太に入れられたクロの心臓でなんとか慶太は息を取り戻した。

追い詰めた敵にも、
契約者同士が「シンクロ」することで打ち勝った。


「『運』が『運命』を狂わしていく。」
慶太が「ドッペルライナーシステム」について言った言葉。

戦闘シーンが民放にしてはすごいシリアスで容赦ない感じがいいですねwww
小学生をいきなり血まみれにするのもすごいですけど;

ということなんで、
普通にシリアス系なんで楽しんでくださいww

ぐっばぁい☆♪

以下、第1~5話。
[怖いよ、ねぇ、なんで!!!?(やかましい 【黒神 The Animation 第1~5話】]の続きを読む
スポンサーサイト

タグ : 黒神 佐藤利奈 1話 2話 3話 4話 5話

 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。